腰痛ステーション

毎日?腰痛の情報をお届け

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ぎっくり腰の正しい対処法

ぎっくり腰の正しい対処法

ぎっくり腰は西洋で「魔女の一撃」と言われるほどの激痛を伴う腰痛で、「重たいものを持とうとする」「くしゃみをする」「物を拾おうとして中腰になる」などある動作をきっかけとして発症する腰痛です。

ぎっくり腰は病名ではなく正式には「急性腰痛症」と言います。腰周辺の筋肉、靭帯などが損傷している状態のことを言います。分かりやすくいうと捻挫をしている状態です。

もし、ぎっくり腰になってしまった場合には、捻挫した時と同様に楽な姿勢で安静にしておくことが一番です。
その後は患部を冷やすなどして炎症を抑えることで回復が早くなります。

ある程度痛みが引いてきたら、整体やカイロプラクティックで身体の調整を行なっておくと再発を防ぐ事が出来ます。
スポンサーサイト
  1. 2015/06/26(金) 13:44:43|
  2. 腰痛
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

職場における腰痛予防対策指針

職場における腰痛予防対策指針

厚生労働省が発表した「職場における腰痛予防対策指針」によると職場で腰痛が発症する要因には以下の様な事が考えられるとしています。

・動作要因・・物を持ち上げる、長時間同じ姿勢を取り続けるなど腰に負担をかける動作
・環境要因・・クーラーの効き過ぎによる冷え、職場の環境による転倒などによる事故
・個人的要因・・腰痛経験者など個人的な腰痛への耐性
・心理・社会的要因・・職場でのストレス

それぞれの対策としては、作業の合間にストレッチをしたりといった個人レベルの対策はもちろんのこと、会社としても職場環境の改善、健康診断などの腰痛対策を講じていく必要があります。
  1. 2015/06/03(水) 14:19:26|
  2. 腰痛
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。