腰痛ステーション

毎日?腰痛の情報をお届け

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

「椎間板ヘルニアがあっても、椎間板ヘルニアではない?」

「椎間板ヘルニアがあっても、椎間板ヘルニアではない?」

禅問答のような言い回しですが「椎間板ヘルニアがあっても、椎間板ヘルニアではない」つまり椎間板ヘルニアでも、まったく痛みなどの症状がでない人もいます。

そもそも椎間板の変性は誰にでも起こることで、椎間板ヘルニアは一種の老化現象でもあるからです。その中に痛みの出る人もいれば、出ない人もいるわけです。

また、腰痛の原因が他にあっても病院などの画像診断で椎間板ヘルニアの症状が見て取れれば、椎間板ヘルニアが腰の痛みの原因だと思い込み痛みが続くということもあります。

もちろん症状が出ない人は、そのまま放置していても問題ありません。椎間板ヘルニアは誰にも起こることなのです。
スポンサーサイト
  1. 2014/08/20(水) 13:48:22|
  2. 腰痛
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

腰痛になりやすい行動

腰痛になりやすい行動

腹筋背筋を日課としているので、少々の重たいものを持ち上げても腰痛になることはなかったのですが、座っていて前の物をとろうと手を伸ばした時に腰をやってしまい、腰痛が治っても、よくこの動作で腰をやっていました。

実体験からいうと、腰痛は重たいものを持ち上げたからといって起こるものではありません。

腰痛は、重たいものを持つ時は腰に力をいれているため大丈夫なのですが、物を取る時など油断している時が一番危険なのです。

座って物を取るという動作は、一見すると何気ない動作のようですが、腰の筋肉が伸ばされ重心が前になりますので、実はとても腰に負担のかかる動作だったのです。
  1. 2014/08/04(月) 15:14:03|
  2. 腰痛
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。