腰痛ステーション

毎日?腰痛の情報をお届け

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

椎間板ヘルニア

椎間板ヘルニア

椎間板ヘルニアで痛みが酷い場合には、薬を使います。これはいわゆる炎症を抑える痛み止めで医師に処方してもらいます。

薬の効果が薄い場合は注射を行います。炎症を起こしている部分や神経に麻酔を注射して痛みを取ります。

注射は効果は高いものの根本的な治療にはなりませんので、様子を見ても症状が一向に改善しない場合には手術の適応となります。

ただ手術を選択する際には、日常生活に支障を生じる場合。排尿・排便困難、歩行困難といった症状があれば手術を決断するひとつの指針となります。
スポンサーサイト
  1. 2014/06/25(水) 14:34:21|
  2. 腰痛
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

腰痛

腰痛

日本人で体の不良を訴える要因で一番多いものが腰痛です。

腰痛の原因は様々ありますが、多い原因としては筋肉の過緊張が挙げられます。人は生活するうえで常に上半身の重みを腰が支えているため、このことは避けては通れません。

腰痛を予防するためには、腰は毎日酷使されているわけですから、その分ケアしてあげることが大切です。

まず大切なことは血行を良くしてあげる事です。

血行を良くする方法は、お風呂、運動、灸など色々ありますので、自分に合った方法を見つけ血行をよくしてあげるようにしましょう。
  1. 2014/06/16(月) 14:59:40|
  2. 腰痛
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

内臓疾患による腰痛

内臓疾患による腰痛

腰を酷使した覚えがないのに腰痛が生じる場合は、内臓疾患による腰痛を疑う必要があります。

例えば、胆嚢に異常があると腰の後ろが痛くなったり、腎臓結石でも、腰が痛くなることがあります。さらに、胃、膵臓、子宮の病気でも腰痛の症状が現れることがあります。

通常の腰痛は放っておいても良くなることがありますが、内蔵疾患による腰痛は、腰痛の原因となる疾患を治療しなければよくなることはありません。

また、中には命に関わることもあるため、早期の治療を心がけるようにしましょう。
  1. 2014/06/09(月) 14:12:51|
  2. 腰痛
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。