腰痛ステーション

毎日?腰痛の情報をお届け

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

脊柱管狭窄症

脊柱管狭窄症

脊柱管狭窄症とは、神経が通る背骨の管(脊柱管)が狭くなることで神経が圧迫され腰痛や足の痛みなどの症状を引き起こす疾患です。

脊柱管狭窄症の特徴的な症状として、間歇跛行という症状があります。間歇跛行とは、歩き出すと痛みが増し休むと再び歩けるようになるという症状です。

これは、前屈みになって休むことで神経の圧迫が軽減されるからです。

安静にすることで症状が改善される場合もありますが、日常生活に支障をきたす場合には手術となる場合があります。
スポンサーサイト
  1. 2014/03/26(水) 13:59:11|
  2. 腰痛
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

変形性脊椎症

変形性脊椎症

椎間板は加齢とともに次第に脆くなっていきます。脆くなると椎間関節や靭帯、筋肉などにも支障が出てきます。

例えば、椎体が肥厚したり、椎体の縁から骨棘が生じたりするといったことです。

このような加齢によって生じる骨の変性を変形性脊椎症と呼びます。

変形性脊椎症は、負担のかかりやすい腰椎が好発部位で、椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症といった疾患の原因にもなります。

年を取って慢性の腰痛に悩んでいる方は一度病院で腰椎を診てもらったほうがいいでしょう。
  1. 2014/03/19(水) 15:21:22|
  2. 腰痛
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

脊柱管狭窄症

脊柱管狭窄症

最近、高齢者の腰痛で増えているのが脊柱管狭窄症による腰痛です。

脊柱管狭窄症は、主に骨が脆くなることで脊柱管が狭くなり神経が圧迫され、腰痛などの症状を引き起こす疾患です。

安静にすることで改善する場合もありますが、日常生活に支障が出る様な症状がある場合には病院へ行く必要があります。

ガン転移や脊椎腫瘍などの病気が潜んでいる場合もありますので、日常生活に支障が出る様な場合は必ず病院へ行くようにしてください。

先程述べた通り主な原因が骨の老化によるものなので、まずは骨粗鬆症予防を心掛けましょう。

カルシウムを意識して摂るようにし、外に出て適度な運動を行なうということが骨粗鬆症予防の基本となります。
  1. 2014/03/13(木) 13:21:25|
  2. 腰痛
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

腰椎椎間関節症

腰椎椎間関節症

腰椎椎間関節症は、加齢により椎間関節が変形したり、周囲の靭帯が緩んだりすることで、椎間関節がずれやすくなり関節包や靭帯が伸ばされて損傷する疾患です。

分かりやすく言うとぎっくり腰になります。腰椎椎間関節症は腰で起こった捻挫のようなもので、まずは患部を冷やして炎症を抑えます。

また、痛みが酷いようなら体が動かないようにコルセットなどで腰を固定するすることも必要です。

あとは痛みが和らぐまで安静にして過ごします。
  1. 2014/03/06(木) 13:18:55|
  2. 腰痛
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。