腰痛ステーション

毎日?腰痛の情報をお届け

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

職業性腰痛

職業性腰痛

農業に従事している方は腰痛を訴える人が多く、そのほとんどの人が慢性の腰痛に悩んでいます。

やはり原因は中腰で同じ動作を長時間繰り返すことにあります。そのため常に腰が疲労で凝り固まっている状態で、その状態が数年も続くと背骨に変形が起こり腰痛が慢性化する原因になります。

対処法としては、長時間同じ姿勢が続くようなら作業を中断して腰のストレッチをしてあげたり、仕事が終わったらストレッチをしたり半身浴などで腰周辺の血行をよくしてあげることが重要です。

また、仕事以外でストレスを溜め込まないということも重要です。

骨の変形が起こると治療することが難しくなりますので、で若い時期からのケアが重要となります。
スポンサーサイト
  1. 2014/02/26(水) 13:55:38|
  2. 腰痛
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ストレス性の腰痛

ストレス性の腰痛

病院で行なうレントゲンやMRIなどの画像検査で腰痛の原因が特定される割合は20%程度です。

これは画像検査では分からない別の原因があるということです。

その分からなかった原因で、最近注目されている原因がストレスです。

ストレスが多くなると自律神経のバランスに乱れが生じます。自律神経が乱れると腰痛や頭痛などの不調を招きやすくなります。

このような状況に陥ると、ちょっとした事で腰痛になったり、いつもなら感じない痛みでも腰痛だと感じたりすることがあります。

病院へ行って曖昧な診断をされた場合、精神的な理由があると考えて、趣味に没頭できる時間を作ったり、適度な運動をしたりして、自分に合ったストレス解消法を見つけることで、腰痛が改善されるかもしれません。
  1. 2014/02/16(日) 15:41:29|
  2. 腰痛
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

妊婦さんの腰痛

妊婦さんの腰痛

妊婦さんの半数は妊娠中(産後)に腰痛になると言われています。

原因はやはり日に日に大きくなっていくお腹にあります。

単純に体重が増えることで腰への負担が増加することや、前方にせり出す重心にあります。

特に前方に重心が移ると、バランスをとろうとして腰が必要以上に反ってしまいますので、腰への負担はかなり大きくなります。

また、妊娠中はホルモンの影響で骨盤が緩みやすくなりますので、このことも産後に起こる腰痛の原因となります。

妊娠中に腰痛が我慢できないようなら婦人科の先生に相談してみるといいでしょう。
  1. 2014/02/05(水) 13:27:11|
  2. 腰痛
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。