腰痛ステーション

毎日?腰痛の情報をお届け

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

椎間板ヘルニア

椎間板ヘルニア

椎間板ヘルニアにはいくつかの種類があります。

【脱出型】
椎間板に亀裂が入り中の髄核が飛び出して神経を刺激するタイプ

・穿破脱出型
脱出型の重症化したタイプで、飛び出した髄核が後ろの靭帯をも突き破ってしまったもの。

・遊離脱出型
穿破脱出型がさらに進行して、髄核の一部が脊柱管内に遊離してしまうもの。

【膨隆型】
髄核が飛び出すことなく椎間板を膨れ上げさせ神経を刺激するタイプ

穿破脱出型と遊離脱出型は椎間板ヘルニアでも重たいタイプのヘルニアですが、マクロファージと呼ばれる大食細胞によりヘルニアが捕食され自然治癒が期待できることがあります。
スポンサーサイト
  1. 2013/01/24(木) 14:47:27|
  2. 腰痛
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ぎっくり腰

ぎっくり腰になった人のよくある質問

【質問】
痛み止めは飲んだほうがいい?

【答え】
我慢できる程度の痛みなら我慢した方がいいです。しかし痛みが酷いようなら使用しても構いません。その際は市販のもので十分です。正し胃が弱い方は薬の副作用で胃潰瘍になる場合があるため常用は控えるようにしましょう。


【質問】
患部は冷やしたほうがいいのか?温めたほうがいいのか?

【答え】
正直どちらでも構いません。なぜかというと、冷やすことは炎症を抑え痛みを和らげる効果があり、一方温めることは血行を促進させ損傷した筋肉を早期に回復させるという効果があるためです。ご自身で気持ちがいいほうを選択すればいいでしょう。
  1. 2013/01/08(火) 13:06:10|
  2. 腰痛
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。