腰痛ステーション

毎日?腰痛の情報をお届け

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

慢性腰痛

慢性腰痛

腰痛には急性と慢性とがあり、急性の腰痛はぎっくり腰に代表される文字通り急に発症する腰痛のことを指します。

一方の慢性の腰痛とは3ヶ月間以上続く腰痛のことを指します。

急性の腰痛は2,3日もすれば痛みは和らぎますが、慢性の場合は長年の生活習慣による腰への負担が原因となっていますので、その期間が長ければ長いほど治療期間も長くなります。

大切なことは、最初の段階でしっかりとした治療をするということです。

つまり急性の腰痛が発症した段階で腰痛の原因となった問題の箇所をしっかりと治しておくということです。

ぎっくり腰は先ほど述べたとおり2、3日もすれば楽になりますので「楽になったからいいや」と根本的な治療を怠っていると、ぎっくり腰が癖となり腰痛が慢性化してく原因となります。

スポンサーサイト
  1. 2012/12/20(木) 12:48:55|
  2. 腰痛
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。