腰痛ステーション

毎日?腰痛の情報をお届け

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ぎっくり腰

ぎっくり腰

ぎっくり腰は筋肉や組織が損傷し炎症を起こしたものですが、一番多い例が骨盤の仙腸関節に付着している組織が損傷して起こすぎっくり腰です。

原因は骨盤を支えている筋肉の筋力低下です。その筋力が低下する原因としては悪い姿勢による腰への負担や仕事による疲労やストレスなどが原因となります。

その他意外なところでいうと食生活の乱れも筋力が低下する原因になっています。よって過度なダイエットは控えるようにしましょう。


スポンサーサイト
  1. 2012/11/29(木) 14:31:07|
  2. 腰痛
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

危険な腰痛

いきなり腰が痛くなると、ぎっくり腰と勘違いしてしまう方が多くいらっしゃいますが、そうでない場合があります。

まず、ぎっくり腰の場合は痛みが和らぐ「楽な姿勢」というものがあります。

立つと楽になったり、横に寝ると楽になったりなどです。

しかし、楽な姿勢がなく常に一定の痛みがある場合は、ぎっくり腰とは違う他の腰痛の可能性があ

ります。

さらに1週間以上痛みが続く様なら、内蔵からくる腰痛かもしれませんので病院の診断を受ける必要があるかもしれません。

痛みの感じ方には個人差があるので、不安に思うようなら病院の診断を受けた方がいいでしょう。

不安は症状を悪化させます。

  1. 2012/11/12(月) 14:23:26|
  2. 腰痛
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。