腰痛ステーション

毎日?腰痛の情報をお届け

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

すべり症

すべり症

すべり症は文字通り腰椎(背骨)が前後にすべってしまう疾患です。特に第四腰椎、第五腰椎に起こりやすく腰痛の原因となります。

腰椎がすべってしまう主な原因は、激しいスポーツなどにより腰椎の後ろの椎弓部が疲労骨折してしまい前と後ろで腰椎が分離してしまうことですべりが発症するケースと、椎骨を支えている靭帯・椎間板などが老化により緩んでしまい起こるケースがあります。

前者は男性に多く、後者は女性に多いのが特徴です。



スポンサーサイト
  1. 2012/06/20(水) 14:44:41|
  2. 腰痛
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

筋筋膜性腰痛

筋筋膜性腰痛

聞きなれない病名ですが腰痛を訴えている人の多くが筋筋膜性腰痛です。

筋筋膜性腰痛とは、筋や筋膜が損傷し発症する腰痛です。

代表的なものが、急激な負荷により耐え切れなくなった筋肉が損傷して発症するぎっくり腰です。

その他に、長年腰を酷使し続けたことにより筋肉にコリがつくら血行障害が生じる慢性的な腰痛です。

症状としては損傷した部位の炎症による痛みで、筋肉を伸ばすと痛みが増します。

慢性的な腰痛は、腰にまとわりつくような鈍痛が特徴です。

発症させないためには腰に負担をかけないことが大切になります。

  1. 2012/06/09(土) 13:33:56|
  2. 腰痛
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。